2017年4月26日水曜日

懐かしの白馬合宿

1971年12月29日~1972年1月3日、白馬大池合宿がありました。この日程は私の日程で、すでに先発隊が大池にテント設営を済ませていたところに平井先生と入山しましたが、
夕刻、ガスと風の中、大池への下り道がまったく見えず、少し迷ったのを記憶しています。
正月明け、晴天時に頂上に登ることができました。


2017年3月17日金曜日

念青唐古拉西山群 NW-100

3月初旬にフランスのクライマーから問い合わせがありました。念青唐古拉山群(Nyainqentanglha)のNW-100に今年の秋に登りたいとのことで情報提供を依頼してきました。AAE(Asian Alpine E-news)の創刊号にTa Ri の初登頂の英文記事を投稿しましたが、その記事でNW-100他の未踏峰の紹介をしました。その記事を読んでのことでした。
ピラミダルな岩と氷のピークです。かれらから新たなる情報が得られるのが楽しみです。

2017年2月1日水曜日

槍穂高

一月中旬寒波は山々にたっぷり雪を降らせて冬山らしい姿に衣装替えしてくれた。
良く晴れた冬の朝、大日ケ岳から北アルプスが見えた。カメラに300mm望遠レンズを付けて槍穂高を狙った。
笠ヶ岳から焼岳までくっきりと青空に浮かんでいる
さらに黒部五郎から双六までの稜線もハッキリ見えた。

こちらは同定が難しいのでカシミールのお世話になった。

2017年1月7日土曜日

ACKUの皆様
あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いします
穏やかな正月を迎えましたが、各地のスキー場は雪不足です。
初詣は北濃、美濃番場の白山長滝神社に参拝 例年なら雪を踏みしめた境内ですが乾いた地面だした

それに引き換え白山はモルゲンロートから日が登るにつれて純白に神々しく新年を迎えました

2016年12月20日火曜日

冬の野鳥・明野高原

 暖冬傾向が続いていますが雪線が1200mぐらいまで降りてきました。北濃のスキー場は4カ所が人工雪やアイスクラッシャーに助けられてオープンしています。限られたスロープですが、結構楽しめます。
 ところで冬になると食物が限られてきますが野鳥は木々に残された実を求めて庭にやってきます。
エゴの実にはコゲラがたくさんやってきます。今年はコシアブラにたくさん紫色の実がついてツグミの群れが盛んに実をついばみます。ナラの枝の枯れた部分にはアカゲラが激しくドラミングにやってきます。

2016年11月14日月曜日

北濃は早くもスキー場オープン

 今冬の積雪量は平年並みと予報が出ています。昨シーズンは雪不足、その前は豪雪でした。カメムシが大量発生しているので通説によると今冬は雪が多いかもしれない。
 ここ鷲ヶ岳スキー場では11月11日にオープンしました。早速エッジの錆落としに出かけました。製氷機で10月から作り溜めたかき氷(ice crusher)のスロープです。初日で金曜日だったのでスキーヤーは少ないのを期待しましたが、遠くは和歌山から、また富山からもやってきたマニアたちでにぎわいました。
 スキー場の従業員の女の子が覚えていてくれて、「今年もよろしく」と挨拶してくれました。 併設の鷲ヶ岳温泉もオープンしました。

2016年11月2日水曜日

白山・初冠雪

11月2日、今朝は良く冷え込みました。5時半の気温は3℃でした。昨日は風もあり山々には厚い雲がが掛かっていたので白山には雪が降っているのではと期待していました。
やっぱり白山には雪がないといけません。朝日に輝く白山には元気づけられます。